独り言 其の0535 ふぉーみゅら わん2019

今年のF1開幕戦 オーストラリアGPが開催されたです。
そこでhondaがF1復帰5年目、そして前回の表彰台から11年ぶりにホンダエンジン搭載車が3位表彰台獲得!!

まずは結果-
------------------------------------
Win #77 V.ボッタス /メルセデスAMG
2nd #44 L.ハミルトン /メルセデスAMG
3rd #33 M.フェルスタッペン / レッドブル(ホンダ)

10th #26 D.クビアト / トロロッソ(ホンダ)
11th #10 P.ガスリー / レッドブル(ホンダ)
14th #23 A.アルボン / トロロッソ(ホンダ)

------------------------------------

レースは序盤にPPのハミルトンをパスしたボッタスが抜け出し完全独走状態に。
そして中盤、上位3台よりピットを遅らせた4番手フェルスタッペンが前に追い付きベッテルを抜いて表彰台圏内の3番手に!
前のハミルトンに肉薄するも追い抜くまでには行かず3番手でフィニッシュ。
これにより上に書いた通り、ホンダエンジン搭載のレッドブルが3位表彰台獲得したです。
パートナーのガスリーは予選を失敗してしまったのが影響し後方からのスタートでピットタイミングを大幅遅らせる作戦を取るものの同じホンダエンジンを積むクビアトの後ろの11番手でフィニッシュ。

ガスリーがポイント取れなかったのは残念だが、クビアトと共に予選順位より大幅順位を上げてのフィニッシュだからまぁ良しとするかな?
もう1台のトロロッソ アルボンですが、予選より1つ下だけど14番手完走。
ルーキーだしこれから慣れてもっと上に行けるようになって貰いたいですねー。
と、レッドブル・トロロッソ共にトラブルなく無事走りきりホンダエンジン搭載車は全車完走できたです。

フリーや予選が早かったので期待はしていたけど、初戦から表彰台乗ってくれるなんで驚きです!
ボッタスには全然だったけどハミルトンには追いついていたし、最終盤にはファステストの取り合いも出来ていたので今後のマシン熟成で常時トップ争いできるよう期待してるです!!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック