独り言 其の0541 あけましたー

今年もマイペースでやって行こうと思いますので、
よろしくお願い申し上げますです。
(ただ、ツイッターでひっそり呟いたりしてるのでこっちの更新を疎かにしがち・・・)

独り言 其の0540 わん・つー

F1 第20戦ブラジルGPが開催されたです。
そこでホンダエンジンを搭載するレッドブルのマックス・フェルスタッペン選手がポール・トゥ・ウィンで今期3勝目を獲得!
さらには同じくホンダPUのトロロッソ ピエール・ガスリー選手が2位表彰台でホンダエンジンの1-2!!
(アルボンも接触されなかったら1-2-3もあったかも?・・・)

結果ー
--------------------------------------------------------------------------
Win #33 M.フェルスタッペン / レッドブル(ホンダ)
2nd #10 P.ガスリー / トロロッソ(ホンダ)

3rd #55 C.サインツ / マクラーレン

10th #26 D.クビアト / トロロッソ(ホンダ)
14th #23 A.アルボン / レッドブル(ホンダ)

--------------------------------------------------------------------------

独り言 其の0539 すずかー

台風の影響が心配されたF1 第17戦 鈴鹿GPが何とか開催されたです。
レッドブルとトロロッソにエンジンを供給しているhondaのホームGPとなるので期待していたですが、フェルスタッペンはスタート直後の2コーナーでルクレールにぶつけられマシンの戦闘力が失われてしまい途中リタイア・・・
アルボンも軽い接触等遭ったものの粘りの走りを続け自己ベストの4位でチェッカー。
トロロッソ勢はガスリーはマズマズの走りで8位完走。ただ、もう少し上に行けそうな感じだったので少し残念。
クビアトは・・・んー取り敢えず12位完走。

リザルトー
--------------------------------------------------------------------------
Win #77 V.ボッタス /メルセデスAMG
2nd # 5 S.ベッテル / フェラーリ
3rd #44 L.ハミルトン /メルセデスAMG
4th #23 A.アルボン / トロロッソ(ホンダ)

8th #10 P.ガスリー / レッドブル(ホンダ)
12th #26 D.クビアト / トロロッソ(ホンダ)
DNF #33 M.フェルスタッペン / レッドブル(ホンダ)

--------------------------------------------------------------------------

2コーナで接触を起こしたルクレールに対して初めは意味不明の審議不問と発表されたが途中でレース後の審議に変わった結果、15秒の加算+ペナルティ2ポイントという事に・・・(接触に関してはただの5秒だけ・・・残り10秒はマシンが破損したまま走行したことに対して)
ついでに同じフェラーリのベッテルにはフライングと疑われたがそれも不問との事。(映像等有ってもセンサーが反応しなかったんで良いんだってさ)

あー後、鈴鹿GPの規定周回数は53周なのに「しすてむえらー」だかで52周で終わったんだって・・・・・何だこのFIA・・・・・

独り言 其の0538 たっぺんたっぺn

F1 ドイツGPにてレッドブル・フェルスタッペンが今季2勝目!!

まずは結果~
--------------------------------------------------------------------------
Win #33 M.フェルスタッペン / レッドブル(ホンダ)
2nd # 5 S.ベッテル / フェラーリ
3rd #26 D.クビアト / トロロッソ(ホンダ)

6th #23 A.アルボン / トロロッソ(ホンダ)
14th #10 P.ガスリー / レッドブル(ホンダ)

--------------------------------------------------------------------------

気まぐれな雨でレースが荒れメルセデスがトラブルで順位を下げたりする中 、フロントローからスタートし首位を狙える位置でしっかり走り抜いたフェルスタッペンがトップチェッカー!
そして14番手からスタートしたクビアトは地道に順位を上げ一時フェルスタッペンに続く2番手で、ホンダPUの1・2状態にも!?
最終的には最後尾スタートした母国GPのベッテルに抜かれ順位を落とすが3位でフィニッシュしトロロッソがホンダと組んで初の3位表彰台獲得!!

アルボンも後方からのスタートにも関わらずしっかり走りきり6位入賞だったです。
しかし予選4番手で2列目スタートしたガスリーが完走扱いながらも車を止め14位フィニッシュなのは何か残念・・・

独り言 其の0537 ことしもやまはー、とおもったらかわさき?

今年も鈴鹿で、鈴鹿8時間耐久ロードレースが開催されたです。

まずはリザルト(暫定)
--------------------------------------------------------------------------------
Win #21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
     / 中須賀克行 A.ロウズ M.ファン・デル・マーク
2nd #33 Red Bull Honda
     / 高橋巧 清成龍一 S.ブラドル
3rd # 1 F.C.C. TSR Honda France
     / J.フック F.フォレイ M.ディ・メリオ

4th #12 YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING
     / S.ギュントーリ 加賀山就臣 渡辺一樹
5th # 7 YART-YAMAHA
     / B.パークス M.フリッツ N.カネパ
6th #634 MuSASHi RT HARC-PRO.Honda
     / X.フォレス D.エガーター 水野涼

DNF #10 Kawasaki Racing Team Suzuka 8H
     / L,ハスラム T.ラズガットリオグル J.レイ
--------------------------------------------------------------------------------
レース直後は↑このように発表され表彰式も行われたですが、
Kawasakiの抗議を受け改訂版(暫定)では↓この様になったです。
--------------------------------------------------------------------------------
Win #10 Kawasaki Racing Team Suzuka 8H
     / L,ハスラム T.ラズガットリオグル J.レイ
2nd #21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
     / 中須賀克行 A.ロウズ M.ファン・デル・マーク
3rd #33 Red Bull Honda
     / 高橋巧 清成龍一 S.ブラドル

4th # 1 F.C.C. TSR Honda France
     / J.フック F.フォレイ M.ディ・メリオ
5th #12 YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING
     / S.ギュントーリ 加賀山就臣 渡辺一樹
6th # 7 YART-YAMAHA
     / B.パークス M.フリッツ N.カネパ
7th #634 MuSASHi RT HARC-PRO.Honda
     / X.フォレス D.エガーター 水野涼
--------------------------------------------------------------------------------

これもそれも8時間レースの残り1分半と言う所で、トップのKawasakiが数周前に他車がブローして撒いたオイルに乗り転倒。
その直後レッドフラッグが振られレースが終了、レース規定によりKawasakiが5分以内にピットへ帰還出来ていない為リタイアの判定。
しかしレッドフラッグにより終了した場合“その前の周回時点での順位とする”との記載が有った事で改訂版(暫定)に変更された様です。

今年は3大ワークス+1にタイム差が然程無く序盤から熱い闘いをしていた所で、こんな感じで結果が変わるような結末は残念だけど仕方がないかなー・・・

赤旗が出される速さから思うに、運営としてオイルが出てて危険だがセーフティーカーフィニッシュは白けるし残り数分なので続行!但し誰か1人でも転ければ即終了って感じだったんじゃないかなーと邪推・・・(その結果、トップのKawasakiが転ける羽目に)



独り言 其の0536 うぃなーーーーーー

F1 第9戦オーストリアGPでホンダエンジンを搭載するレッドブルが今季初優勝!!

結果ーーー
------------------------------------
Win #33 M.フェルスタッペン / レッドブル(ホンダ)
2nd #16 C.ルクレール / フェラーリ
3rd #77 V.ボッタス /メルセデスAMG

7th #10 P.ガスリー / レッドブル(ホンダ)
15th #23 A.アルボン / トロロッソ(ホンダ)
17th #26 D.クビアト / トロロッソ(ホンダ)
------------------------------------

ホンダがエンジンサプライヤーに復帰してから念願の勝利を掴みましたですよ!
予選4番手からだけど、ハミルトンのペナルティにより3番手からスタートのフェルスタッペンだったが、
スタートにミスしてしまい順位を落とすモノの着実にポジションを上げ気づけば首位ルクレールの後ろに!
徐々に差を縮めコーナーでインを突いて軽く接触しながらもパス。
そしてそのままトップでチェッカーを受けることに!!

レッドブル&フェルスタッペン 今季初勝利、ホンダにとってはフル参戦していた時から13年ぶりの勝利となったです。
今季圧倒的な強さで勝ち続けていたメルセデスの連勝を止めたチームが出ただけでなく、それがホンダを載せているレッドブルが勝つなんて本当に嬉しいですわー!!


#但し現時点では、上にも書いた2台の接触が在ったため審議中の為 順位は確定してないです・・・
追記・1時間以上の審議の末、レーシングインシデントと判定されペナルティもなくこのままの順位で確定との事。

独り言 其の0535 ふぉーみゅら わん2019

今年のF1開幕戦 オーストラリアGPが開催されたです。
そこでhondaがF1復帰5年目、そして前回の表彰台から11年ぶりにホンダエンジン搭載車が3位表彰台獲得!!

まずは結果-
------------------------------------
Win #77 V.ボッタス /メルセデスAMG
2nd #44 L.ハミルトン /メルセデスAMG
3rd #33 M.フェルスタッペン / レッドブル(ホンダ)

10th #26 D.クビアト / トロロッソ(ホンダ)
11th #10 P.ガスリー / レッドブル(ホンダ)
14th #23 A.アルボン / トロロッソ(ホンダ)

------------------------------------

レースは序盤にPPのハミルトンをパスしたボッタスが抜け出し完全独走状態に。
そして中盤、上位3台よりピットを遅らせた4番手フェルスタッペンが前に追い付きベッテルを抜いて表彰台圏内の3番手に!
前のハミルトンに肉薄するも追い抜くまでには行かず3番手でフィニッシュ。
これにより上に書いた通り、ホンダエンジン搭載のレッドブルが3位表彰台獲得したです。
パートナーのガスリーは予選を失敗してしまったのが影響し後方からのスタートでピットタイミングを大幅遅らせる作戦を取るものの同じホンダエンジンを積むクビアトの後ろの11番手でフィニッシュ。

ガスリーがポイント取れなかったのは残念だが、クビアトと共に予選順位より大幅順位を上げてのフィニッシュだからまぁ良しとするかな?
もう1台のトロロッソ アルボンですが、予選より1つ下だけど14番手完走。
ルーキーだしこれから慣れてもっと上に行けるようになって貰いたいですねー。
と、レッドブル・トロロッソ共にトラブルなく無事走りきりホンダエンジン搭載車は全車完走できたです。

フリーや予選が早かったので期待はしていたけど、初戦から表彰台乗ってくれるなんで驚きです!
ボッタスには全然だったけどハミルトンには追いついていたし、最終盤にはファステストの取り合いも出来ていたので今後のマシン熟成で常時トップ争いできるよう期待してるです!!